痩せれない女性・応援館

痩せれない女性に向けて、その原因と解決法を説明して、スリムになっていただくことが当サイトの趣旨です。それでいて、肌もつるつるで血色もよく、髪もつやつやで美容を維持。便秘も冷え症も、むくみも無縁の健康体。このようにスリム、美容、健康の三拍子がそろうことが、ダイエットの目指すべき目標です。

そうではなく、単にスリムになるだけとか、体重を減らすだけのダイエット法が多すぎると思いませんか?そして、もしかしたらあなたも、そういったダイエット法をやってきたのではないでしょうか?間違ったダイエット方法を一生懸命にやっても、体型が崩れて脂肪が蓄積し、さらに肌荒れを起こし、健康まで害するのがオチです。それでは痩せれないのは当然です。

痩せれないからといって、次から次へと新しいダイエット法を渡り歩いていると、ウェイトサイクリング現象(ヨーヨー現象)が起きます。これはダイエットで痩せたり、リバウンドしたりを繰り返す状態。心臓に負担が掛かるので心疾患にかかる確率が上昇したり、肝臓や腎臓に多大な負担を掛けることになります。

なぜこのような悪循環に陥るのかというと、減っているのは体脂肪ではなく、もっぱら筋肉だからです。極端な食事制限や無闇な運動は、筋肉を減らすだけであり、その結果、基礎代謝量が激減してしまうのです。そうなればリバウンドして、いつまでたっても痩せれないということになるわけです。

今日から正しいダイエットを

ですからダイエットで痩せれないと悩んでいる女性は、まずは間違ったダイエット法を即やめなければなりません。それがダイエット成功への第一歩です。そして正しいダイエットを始めるのです。

ただし生活を変えたからといって、すぐに目に見えて変化があるとは限りません。今まで長い間、ずっと体内環境が悪かったために、すぐに脂肪は減っていかない場合もあるでしょう。しかし、体内では確実に良い方向に向かっているはずです。つまり体脂肪の減少、美容の向上、健康の増進ということです。

痩せれない人が今すぐできることは、3度の食事をしっかり食べて、できるだけ間食をしないことです。そして空腹になったら、また食事をするというサイクルを身につけることです。食事の内容は、栄養バランスの取れたものを心がけます。もし献立やレシピに自信が持てないのなら、ダイエットサプリメントやマルチビタミン・ミネラルを利用するとよいでしょう。ケールの青汁は、健康増進のためにもオススメです。

痩せれない人が心がけるべき二つ目は、できるだけストレスを掛けないということ。日常生活でストレスを少なくすることは当然ですが、「ダイエット自体でストレスを掛けない」ということが大切です。少食でストレスをかける、食べたいものを我慢してストレスをかける、こういったことがダイエットの挫折につながっていきます。そのほか運動でも、長時間の有酸素運動、苦しい筋力トレーニング、こういったこともストレスを生み、痩せれない体を作ってしまいます。

ストレスがかかると、脳内からACTHというストレスホルモンが分泌されます。
それは腎臓の上に乗っている副腎皮質に届き、コルチゾールを分泌させるのです。コルチゾールはあなたの筋肉を分解して、それをブドウ糖に変えて脳を活性化しようとします。すべてストレスに対処するためです。しかも血液中に増えたグルコースは筋肉内で利用できないため、インスリンの働きによって、ほとんどが内臓脂肪に蓄えられてしまいます。こうして食事制限やエクササイズをしているのに、お腹ぽっこリや下半身太りになってしまうわけです。

肥満遺伝子があっても、環境しだいで痩せれる

ダイエットで痩せれない女性は、もしかしたら肥満遺伝子が活発なのかもしれません。本来、交感神経が脂肪細胞に届くと、脂肪は燃焼しますが、β3アドレナリン受容体に不具合があると、交感神経の指令を受け取れないのです。この不具合は日本人に多く、これだけで200kcal分の消費が出来ないといいます。

痩せれない人は、そのほかにUCP(脱共役たんぱく質)の不具合も考えられます。これは運動しなくても、脂肪を燃焼させる仕組みですが、これも日本人には不具合が多いといわれています。ですがこの遺伝子異常があっても、運動をすれば脂肪は燃焼します。

とはいっても結局は、太るのは食べすぎと運動不足が発端です。
では、なぜそうなるのかというと、飽食の習慣や便利な生活、ストレス過剰な生活のため。つまり肥満は現代病ともいえるのです。遺伝子異常は今に始まったことではありません。そして肥満は生活パターンが変わるにつれて増えてきたのであって、昔から多かったわけではありません。

肥満の問題は、近視の問題と似ています。
近くの見すぎという環境によって視力低下の問題が出てきたように、飽食、快適さ、ストレスの三つが食べすぎを招き、摂取カロリーを増やしてしまったのです。ですが、これは環境が肥満の原因ですから、環境を変えることによって解消することができます

全然痩せれない女性であっても、体の仕組みを理解し、上手にコントロールすれば、簡単に痩せていくことが可能です。多少の遺伝子異常があっても(あなただけではなく、日本人の3割くらいの人)、環境を見直すことで必ずダイエットしていくことができます。努力しすぎたり肩肘を張ってしまうと、ストレスがかかり、かえって太っていきます。楽しくストレスなく、ダイエットをやってみましょう。

>> 【PR】わずか1か月で、好きなだけエステに通えるようになり、いつでも好きなだけ「欲しいもの」を買えるようになる”たった1つの方法”とは?(無料)
ダイエットで痩せるポイントが書かれています〜理論と実行が大事。
簡単に痩せるダイエット方法とコツはこちら〜過激な食事制限は危険。
太る原因と対策方法〜食べ過ぎと、その解消法とは?
効率的に痩せるには?〜脂肪の燃焼工場を、まず作ること。
きれいに痩せるポイント〜ビタミン・ミネラルを忘れずに!